無血清生体外培養増幅法(Quality and Quantity Culture)

リィエイルは、「少量の血液」から「強力な血管再生作用および創傷治癒作用を有する細胞集団」をわずか「1週間」で治療に十分な量を製造し、移植できる技術『無血清生体外培養増幅法』を用いた再生医療等製品の開発を行います。

本細胞群は現行の血管再生治療(間葉系幹細胞、単核球細胞移植、CD34細胞移植等)に比べて、高い治療効果が期待されます。

無血清生体外培養増幅法

対象となる疾患

本技術は難治性潰瘍、脳梗塞など多くの虚血性疾患に効果的な血管・組織再生治療として応用できる可能性を秘めています。

これまでに、下肢虚血性潰瘍に対する臨床研究を順天堂大学医学部形成外科学講座で行い、安全性と有効性の傾向は確認しています。

NHK WORLDでの特集はこちら